So-net無料ブログ作成

平和を求める哲学、ソクラテスとグラウコンとの議論

平和を求める哲学、グラウコンとの議論
「では、私がさっき約束した最初の論題について聞いてください。それは、 <正義>とはなんであり、どのような起源をもつものなのか、という問題です。 人々はこう主張するのです。~自然本来のあり方からいえば、人に不正を加える ことは善(利)、自分が不正を受けることは悪(害)であるが、ただどちらかと いえば、自分が不正をうけることによってこうむる悪(害)ほうが、人に不正を 加えることによって得る善(利)よりも大きい。そこで、人間たちがお互いに不正 を加えたり受けたりし合って、その両方を経験してみると、一方を避け他方を得る だけの力のない連中は、不正を加えることも受けることもないように契約を結んで おくことが、得策であると考えるようになる。このことからして、人々は法律を 制定し、お互いの間の契約を結ぶということを始めた。そして法の命ずる事柄を 『合法的』であり、『正しいこと』であると呼ぶようになった。引用、国家
(上)106Pからです。
これは市民の間から幸福への追求的な哲学が語られていると見るべきと考える
その中でトラシュマコスやグラウコンなどという市民とソクラテスという一般
市民より踏み込んだ市民の見識の比較議論の描写ですね。
結局はこの状況のどこに感心を抱くかは気にする要点によって変わりますね。
たとえば、ここに登場する一般的な市民は不正を利益をもたらす正義(利)の
部分に価値を見出しているのが多いのに驚き法律の原点に美点を感じなくなるとか、
あるいは、不正を正義的に考える人が多いから犯罪がなくならないのか?などと
いろいろと出てくると思います。どれももっともだと思います。
結果としては、ヨーロッパなどでは法律、そして国家間の条約などという約束事、
契約などは順守されますね。つまりそれがソクラテスなどの哲学が活かされた社会的な
成熟がもたらす結果なのか?はたまた、自らの不正から被害を与えないことから、相手
の不正から自ら被害を得ない為の契約の履行にすぎないのか?それは分からないが結果は
良いと思いますね。
ただ、私的にはこのように成熟した市民国家であっても一つ間違えば戦争になるのが
現実であると思います。つまり、市民には永久的な平和の為の哲学は見えていないという
ことになりますね。そんな平和をもたらす哲学などあるはずもなく、終焉への旅を人類は
しているかもですね。しかし、最低でも、こうした契約、条約を守り、約束を守ることを
世界中でできてこそ、世界市民が次の平和を探すステップ見えてくることだと思います。
ですが、市民が平和を求める哲学を論ずることの自由がない国もあれば、嘘で市民を洗脳
したり、自らに非難が及ばないように嘘をつき、嘘を正当化する為にさらなる嘘をつくこ
とも正義となる市民や国もある。
参考資料
特別番組「なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然 」石平 福島香織 倉山満【チャンネルくらら・4
https://www.youtube.com/watch?v=POMX8QUJKJE
【石平】韓国は歴史をも偽り…恩を仇で返す
https://www.youtube.com/watch?v=eAfx2xOcTxc
特別番組「中国の歴史は●●から始まった~石平先生と語る五千年の歴史」倉山満【チャンネルくらら・8月9日配信】
https://www.youtube.com/watch?v=WWDZOexc35c
石平著書「韓民族こそ歴史の加害者である」【日出国真報】
https://www.youtube.com/watch?v=AA7kK5gUvZI



国家〈上〉 (岩波文庫)

国家〈上〉 (岩波文庫)

  • 作者: プラトン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1979/04/16
  • メディア: 文庫



国家〈下〉 (岩波文庫 青 601-8)

国家〈下〉 (岩波文庫 青 601-8)

  • 作者: プラトン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1979/06/18
  • メディア: 文庫



なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然

なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然

  • 作者: 石平
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: 単行本



韓民族こそ歴史の加害者である

韓民族こそ歴史の加害者である

  • 作者: 石平
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2016/05/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。